事業内容

臨床研究支援事業

本事業は、収益事業として、5つの部門(データ管理部、システム開発部、統計解析部、研究支援部、事務部)において、研究者の円滑な連携を図り、質の高い臨床研究を行うために必要なあらゆる支援を行っています。

データ管理部

  1. 小児造血器腫瘍の臨床研究支援
    1a. 日本小児がん研究グループ(Japan Children’s Cancer Group; JCCG)血液腫瘍分科会(JPLSG) で行われる臨床研究のデータ管理
    1b. 小児白血病研究会(Japan Association of Childhood Leukemia Study; JACLS)で行われる臨床研究のデータ管理
  2. 日本小児血液・がん学会が行う疾患登録事業(血液疾患)のデータ管理
  3. 日本血液学会が行う疾患登録事業および臨床研究のデータ管理
  4. 日本医療研究開発機構(AMED)研究費で行われる臨床研究のデータ管理
  5. その他の臨床研究のデータ管理

システム開発部

  1. Webシステム機能改修・Webサイト構築
  2. Webシステム開発支援
  3. Webシステム運用管理

統計解析部

  1. 治験・臨床試験の試験デザインの設定
  2. 統計解析計画書の策定
  3. 試験結果の統計解析、および、報告書作成まで一貫した業務

研究支援部

  1. 中央診断等研究検査業務の支援活動
    1a. 日本小児がん研究グループ(JCCG)血液腫瘍分科会(JPLSG)で行われる微小残存病変および遺伝子検査等の中央診断支援
    1b. 名古屋医療センター臨床研究センターで行われる研究検査支援
  2. 治験・臨床研究CRCおよびデータマネジャー業務の支援活動
    2a. 名古屋医療センター臨床研究支援室の臨床研究CRC業務支援
    2b. JPLSG参加施設でのJPLSG臨床試験のデータ管理業務支援
  3. その他の臨床研究活動支援
    3a. 臨床研究に参加する小児への支援活動
    3b.臨床研究被験者助成制度
  4. 医師主導臨床研究支援

事務部

  1. 日本小児がん研究グループ(JCCG)事務局業務
  2. JCCG 血液腫瘍分科会(JPLSG) 事務局業務
  3. 日本成人白血病治療共同研究グループ(Japan Adult Leukemia Study Group; JALSG)事務局業務
  4. 造血器腫瘍研究会の事務局業務
  5. AYAがんの医療と支援のあり方研究会(AYA研)事務局業務

臨床研究についての
一般啓発事業

臨床研究の意義や方法・成果について情報提供を行い、広く理解と支援を求める活動を行います。

ページの先頭へページトップへ戻る